天神山~松岳山(新潟) 2016年1月9日

毎年この時期に訪れている、角田山と弥彦山の中間にある山々に出かけて来ました♪~
ここは古くから温泉街として栄えた岩室温泉の裏山に当たる場所です。

岩室温泉や田の浦温泉の温泉地域も、平成の合併により新潟市に併合された地域です。

いつものように岩室温泉の丸子山公園に車を停めて、ここからのスタートです。
まずは天神山の登山口へ、天神山からは松岳山へ、そして岩室神社(神明社)へ下り、丸子山公園へと戻ります。

背後に見えるのは多宝山です。
画像


天神山(234m)・松岳山(174m)は、全山が雄大な縄張りを持つ山城の跡となっています。
城主は小国氏で、いつ築城されたかは定かではないですが、室町時代には小国氏が統治していました。
天正11年(1583)清水内蔵助が天神山城将になり、上杉氏の一国支配下となり、慶長3年(1598) 上杉景勝、会津国替えに際し廃城となりました。

登山口
画像

画像

画像


突然と林道に出て、再び登山口となります。
画像

画像


石器時代後期、この時代に新潟市域で人々の営みが始まり、市域の大半を占める越後平野の原形ができます。
 
人々の営みの最初の舞台は、市域の南に連なる丘陵から、狩猟に使われた約2万年前ころからの石器が点々と残されています。

西に連なる角田山麓からは、1万4000年前前後の石器が発見されています。

越後平野は、縄文時代に原形ができました。
縄文時代の温暖化に伴う海水面の上昇によって海に覆われた旧平野に、信濃川や阿賀野川などが運ぶ大量の土砂が堆積し、やがて低くて平らな平野となったのが越後平野です。

今にも雨か雪が降って来そうな黒い雲   気温1.6℃
画像


天神山山頂(234m)
画像


天神山の山頂右手には、これから行く松岳山と越後平野が広がっています。
左手には、三角お山の多宝山ですが、雲が沸き上がって来ていて、雪で山頂は少し白くなっています。
画像

画像


空濠が幾つも作られた尾根道を進むと、やがて松岳山山頂、そこから急斜面を下れば岩室神社へ到着です・。
画像

画像


多宝山は雲の中に、次第に隠されてしまいました。
画像


角田山も山頂付近が、雪で白くなっています。
画像


松岳山山頂
画像


再び多宝山が顔を出し始めました♪~
画像


平野の前面には砂丘が形成され、その内側は潟湖が多く残る状態でした。
約6000年前の縄文時代前期には、北区・江南区・西蒲区の砂丘に集落が出来るようになり、人々の生活の場は平野部にも広がって行きました。

岩室神社
画像


今回の周回コースは、2時間くらいで歩き通せる場所なので、本格的な山を目指す人には、物足りないかもしれませんが、少し運動したい時には手頃のコースと思います。

ヤブコウジが沢山ある山道でした♪~
画像

画像


ウスタビガの繭
画像


まだ見た事のない花のような気がします・・・?

花の時期にまた楽しみが増えました♪~
画像


梢では、たくさんの鳥が唄を歌っています♪~

この写真を見て思った事は、五線譜はおたまじゃくしではなく、小鳥だったのかもしれませんね♪~
画像


それにしても良くもこんな風に、擬体化したものがあるものですね♪~

ムンクの 『叫び』?
画像


リッキーの顔 ブログ初登場 

カエルを頭に乗せた リッキーが 大アクビ(笑)

この写真には、他に幾つも顔に見える部分がありますね♪~
画像


しっかりと休養を取りながら、花の季節を待っている植物が沢山ありました♪~
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2016年01月10日 17:32
もも先生 タコ正さん MORINOBUNAさん
青木院長さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
山歩きと言うには少々違うような、丘のような二つの山に登って来ましたが、私にとっては心地良い山歩きが楽しめました♪~
2016年01月10日 21:32
リッキーさん、今晩は!
いつも歴史の勉強をさせて頂いて有難うございます。
山城は数多くのロマンを醸し出していますが、原型が残っていないのが寂しいですよね(>_<)
遠出が出来ない時は、こんな山歩きも宜しいのじゃないでしょうか(^_-)-☆
2016年01月10日 22:16
山ちゃんさん こんばんは
いつもコメント・気持ち玉をありがとうございます
新潟の山では、戦国の時代に山城を築いてあった所がたくさんありましたが、現在も残っているのは殆どないに等しいです。
歴史は、私の備忘録として書き残しましたので、笑い飛ばしてご覧下さいね♪~
今回は葉だけ見て、まだ見た事のない花ではないかと思いましたが、その時期になって、花の咲かない植物だとなる可能性もありますね(笑)
2016年01月12日 19:20
spicoさん ヒデキチ♪さん トンキチさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
真冬とは思えない雪のない山歩きとなりましたが、早速今朝は今シーズン初めての白銀の世界となっていました。
これからは気を引き締めて、山を選ぶのにも、慎重にしなければならなくなって来ました♪~
2016年01月17日 17:40
今晩は。
春には何度かその辺りに出かけているので山の雰囲気は想像できます。でもやっぱり冬の日本海側の印象ですね。
春になったら今年は息子と雪割草を楽しみに行く予定を立てています。
2016年01月18日 22:53
山じいさん こんばんは
いつもコメント・気持ち玉をありがとうございます
そうですね日本海側の空の色は鉛色で、時々青空が覗くくらいです。
そんな天気が続くので、ちょっと覗いた青空に一喜一憂なんですよ♪~
このような空の下で生活している北国の人にとっては、春の気配を感じさせてくれる、雪割草の花には、一方ならないほどの思いを込めて、待ち焦がれているんですね。
そうですか是非、温泉も楽しんだり出来るように、ゆっくりと出来る計画をお立てになられて、お出かけ下さい♪~
2016年01月19日 19:35
yoppy702さん BEKAZUさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
この時は、雪を踏む事なく歩けましたが、今頃は大雪になって、一歩踏み出すのも大変かもしれませんね。
このような寒さがあるからこそ、待ちに待った春の花が咲く頃は、感動&感動で 楽しめそうですね♪~