山葵山(新潟) 2015年12月9日

先日の強力な低気圧が通過した後は、
白鳥たちは どうしただろう?
山では雪は 降ったのだろうか?

などと心配している前に、直に出かけて見て来ようと、早速出かけて来ました♪~

出かける山は山葵山、この山は五頭山の左手にすぐある山です。

水鳥たちの飛来地の瓢湖は、そこに行く途中にありますので、
少し立ち寄ってみようと・・・ところが、この瓢湖で時間の経過を忘れて、
白鳥たちと戯れていたので、気が付けば10時30分を過ぎていました♪~

え~???
いくら考えても、答えは一つ・・・それ急げ~

それから山葵山に向かいましたので、山葵山山頂は12時30分
時間の余裕があったら、五頭山へ縦走しようと思っていましたが、

この時間では、それどころではありませんので、急いで下山して、また白鳥の元へ(苦笑)

山葵山
画像


五頭山方面
画像


松平山方面
画像


角田山・弥彦山方面
画像


山葵山山頂直下のブナ林近辺から雪が5cmほど
画像

画像


この後は、また白鳥を見に瓢湖に立ち寄ります♪~
主に白鳥三昧の本日でした(苦笑)

朝、空が茜色になり始めると、『キーキー』 『クークー』
静かな湖面が波打ち、水鳥が動き始めます。

瓢湖の日の出
画像


人間が寝起きに背伸びをするように、白鳥は羽をバタつかせ始めます。
画像

画像


若鳥の三羽は、お腹が空いたようで、潜って食事中の鳥もいます。
画像


薄暗い中で飛び立つ、一羽の白鳥もいます♪~
画像


日の出前は、水鳥の数は少ししか見えませんでしたが、
日の出が近づくと共に、岸辺に徐々に近づいて来て、

『ご飯 ちょうだい』
って言っているように目の前で、つぶらな瞳で見上げています。
野鳥ではなく、家で買われている鳥のようで、不思議な野鳥の姿を観察できます。
画像


この6羽ほどの家族の朝の挨拶は、大騒ぎで周りに驚かれています。
画像


この白鳥は、お互いのクチバシをつつき合っていましたが、その後このように見つめ合っています♪~
少し離れていたペアが出会うと、このような挨拶をするようです。

越冬地に長い旅で降り立った時に、再び出会えたなら、嬉しい事でしょうね♪~

『おはよう 元気で良かったね♪~』
などと言っていたのかもしれませんね。

このハートがたを見ると、幸せになるのだそうです。
あなたにも 幸せのお裾分け・・・幸せに過ごせますよう♪~
画像

画像


こちらは大混雑での夜明け
画像

画像


それでは、この混雑した場所から少し移動してみます。
こちらでは、白鳥が近づくと他の鳥たちは大移動して、白鳥のみの広い空間があります。
画像


白鳥のみの広い空間の上では、驚いたカモたちが、集団で飛んでいます。
画像


次々と食事に飛び立つ白鳥が、この真上を通過するのを眺めながら、ゆっくりと寛げる場所になっています♪~
画像

画像


『まだ食事に出かけないの?』
と言いながら家族で、田んぼへと移動中
画像


再び賑やかな場所に戻って、覗き込むと、
画像


みんな揃って日向ぼっこ中です♪~
画像


水かきをもたないオオバン、でも足指のひれ状のもので、独特の泳ぎをします。
大きな足に見えますね♪~
画像


瓢湖に渡来する中で、一万羽以上と一番数が多いマガモ
餌付の時間に餌を殆ど食べに来ないのだそうですが、非常に人懐こく、
この写真は30cm位近くで写真を撮っています♪~

似ているように見えても、個性豊かな三兄弟
画像



オナガガモ(数千羽)・ヒドリガモ(300羽)・ホシハジロ(500羽)・・・など数多くの野鳥を、すぐ傍で観察出来る場所となっています♪~
画像


こちらは、ガチョウでしようか?
画像


白鳥の飛来数も、8,948羽と随分増えていました♪~

瓢湖では、オオハクチョウの飛来数は、コハクチョウよりも多く、

オオハクチョウ
画像

画像

画像


瓢湖にシーズンの初めに、コハクチョウが先ずやって来るようですね♪~

コハクチョウ
画像


オーケストラの指揮者のよう、
演奏曲は『白鳥の湖』?
画像


この瓢湖の横は、公園になって沢山の花を植栽してありますが、白鳥が飛来中は通行禁止になっています。
その奥には、二王子岳が、真っ白の冠を被って、佇んでいました♪~
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 64

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2015年12月10日 20:05
タコ正さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
写真を撮ろうと、静かにそこに佇んでいると、野鳥の方からたくさん傍に近づいて、人間の顔を覗き込むようにします。
その可愛い顔は、タコ正さん家のお孫さんと同じように、心癒されました♪~
2015年12月10日 20:09
パク・・・他 数匹さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
パクさん家は、毎日癒されていらっしゃるんでしょうけど、私の家は動物を飼っていませんので、今回の瓢湖では、思い存分に楽しませて頂きました♪~
2015年12月10日 20:14
MORINOBUNAさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
瓢湖の傍には、手軽に登れる山がありますので、その山に出かける時には、温泉に立ち寄るのと同じくらいに、瓢湖に立ち寄るのも楽しみの一つとなっています♪~
2015年12月10日 20:18
”PeRo”さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
山はすっかり冬支度が整い、山頂近くからは雪道になりますが、そこまでは枯葉を踏みしめる音が心地良く、枯葉の香りと共に、嬉しい冬の贈り物となっています♪~
2015年12月10日 20:24
RYOUZENN&みっちゃんさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
最近は温かな日と、凄い突風が吹く寒い日が、交互に訪れていますが、徐々に毎日が凍えるような雪国特有の天候になるのも、間もなくですが、広島は温かいとは言いましても、風邪にはお気を付けられて、お過ごし下さいね♪~
2015年12月10日 20:30
gakkoさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
白鳥の姿が10月頃から瓢湖に見られるようになり、それが湖が雪のように白さが増して来ると、すぐ近くに見えている山の稜線も、白さを増して来るようになります♪~
2015年12月10日 21:50
リッキーさん、今晩は!
山歩きと瓢湖で鳥たちとの戯れ、どちらが主役なのか判りませんね(^_-)-☆
流石に雪国だけあって、白いものが見え始めましたが、まだ名残りの黄葉があるんですね。冬晴れで展望がよいかと思いきや、案外そうでもないとは、お隣から迷惑な物が飛んできているのでしょうかね?
瓢湖の水鳥も色んな種類が来ているようで、楽しそうに戯れているリッキーさんが目に浮かぶよいうです。
2015年12月11日 12:51
山ちゃんさん こんにちは
そうなんですよ~♪ 山が主役の筈だったのですが、あの可愛い瞳に見つめられたら、トロトロに心が溶けてしまうようで、時間の経過を忘れ去っていました♪~
雪割草が咲き出す頃に、こちらにお越しになられる機会が御座いましたら、是非とも瓢湖や佐潟・鳥屋野潟・福島潟の早朝を散歩してみて下さい。
もしかしたら京都にお帰りになられるのを忘れて、湖面を見つめているような事になるかもしれませんよ(笑)
そうですね冬晴れでも、スッキリしないのは、そんな事も考えられますね。
今は中国の国内は大変な事になっていますが、黄砂が飛んで来る頃、日本中大変な事にならなければ良いのですが・・・。
2015年12月11日 19:10
BEKAZUさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
今年は暑かったり寒かったり、今回の低気圧でも全国的に色々な被害が出ていますが、これが温暖化が影響しているとしたら、地球規模で真剣に考えていかなければならない問題ですね。
山登りの予定が、鳥を見ていたら動けなくなってしまいました(笑)
2015年12月11日 19:16
いっしいさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
越冬に訪れるなら、九州近辺まで飛んで行きそうなのですが、近間で安全な場所がある事は、野鳥たちにも嬉しい事のようで、毎年飛来数が増えているようですが、出水市のようにツルが飛来する事はないようで、これは田んぼが雪で埋まる事もあるからでしょうね。
2015年12月11日 19:22
羅輝(らき)さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
犬や猫などのペットのように、瓢湖にシベリアから越冬で飛来した野鳥たちが、人間が蒔く餌を食べたり、餌をくれと言うように近づいて来ますので、一瞬野鳥ではないのではないかと思ってしまう程です♪~
2015年12月11日 19:28
くーさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
新潟には、他にも沢山の箇所で飛来した野鳥を冬期間見る事ができますが、今回の瓢湖のように、野鳥から餌をほしいと近づいて来る事はありません・・・そのように警戒する事が、野鳥が生き延びるために必要なのに、不思議に思える瓢湖です♪~
2015年12月11日 19:36
もも先生さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
一年の内の半分を、天敵からの警戒をすることなく過ごせる事は、野鳥にとっても嬉しい事でしょうけど、春になってシベリアに戻ってからは、大丈夫なのだろうかと・・・無防備な感覚で外国を訪れる日本人とを、合わせ見るような感覚もありました。
2015年12月12日 00:03
アイリスさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
山歩きをするつもりで出かけたのですが、瓢湖をちょっと覗いてから山に行こうとしたものですから、気が付けば信じられないような時間が経ってしまっていました♪~
山葵山にはすでに積雪がありましたので、縦走する時には注意が必要となります♪~
2015年12月12日 21:01
yoppy702さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
いくら野鳥が可愛いとは言えども、早朝から10時半までバードウォッチングとは、我ながら呆れてしまいました・・・とは言いましても、今日も山の帰りに立ち寄ってしまいました(笑)
2015年12月18日 19:08
山じいさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
此方のこれからの天候としては、嬉しい青空の下で山歩きが出来たのですが、こんなに可愛い水鳥を見ていると、思わず時間が経ってしまって、そのチャンスを少しだけの山歩きに使っただけでしたが、こんなに長い時間鳥を眺めていた事がなかったので、これはこれで良かったとしておきましょう(笑)