谷川岳(群馬) 2015年10月25日

谷川岳周辺の山々を中心とした三国山脈は、群馬県と新潟県の県境にある山脈で、ほとんどの地域が上信越高原国立公園に指定されています。

急峻な岩壁と複雑な地形と共に、中央分水嶺のために、天候の変化も激しく、遭難者の数が多い場所です。
ただし遭難者の多くは、一ノ倉沢などの岩壁からの登頂によるもので、一般的なルートでは殆ど危険な個所もなく遭難者も少ない場所です。

行った事がなくとも、誰でもが知っている程に知名度の高い谷川岳、きょうはその谷川岳に登り、その帰りにオジカ沢の頭まで足を伸ばそうと思っていたのですが・・・

天気予報では晴れの予報だったのに、その予報に反し雲の多い谷川岳でした。

天狗のトマリ場より下でもエビのシッポが綺麗♪~
画像


トマの耳(別名:薬師岳) 標高1,963m
画像


天気の良い日には、殆ど危険な箇所がない天神尾根ですが、一旦天候が崩れると、良く言われている『魔の山』と化します。

トマの耳の気温はマイナス3.5度、オキの耳へ行こうと思いましたが、突風はその先の侵入を拒んでいるようでした。
画像

画像


風速25mの風と低温、体制を低くしても前に進む事が出来ませんので、そのまま下山です。
下山前に肩の小屋のトイレに寄りましたが、ツルツルに地面は凍結し、気を許すと吹き飛ばされそうな、決死のトイレタイムでした。
画像

画像


ここから天狗のトマリ場までの下りは、テカテカに凍りついた氷の山道で、
強く踏みつけても氷は割れてくれません。
一歩を踏み出すのにも恐る恐る・・・。
画像


登りの時は、ここでロープで繋ぎ合った団体さんにお会いしていますが、足元は凍結し・突風ですから、当然の安全策だったでしょうけど、下山時には相変わらずの突風ですが、足元は殆ど融け、歩きやすくなっていました。
画像


ここからは時々見せる一瞬の景色を撮りながらの下山です。

オジカ沢の頭方面
画像

画像

画像


と言う事で突風と霧で絶景を見れませんでしたが、仲間との会話の花が咲き、
兄との一緒の山歩きの時間は、あっと言う間に終わってしまいましたが、
何事もなく無事に下山出来た事のみに感謝しつつ家路を急ぎました♪~

白毛門から朝日岳方面
画像


谷川岳の西黒尾根方面
画像


そう言えば今回、下山時にすれ違った単独登山の何人かの人に

『ようこそ 谷川岳へ♪~』

『きょうは 生憎の天候でしたが、またのお越しをお待ちしています♪~』

と言われましたが、この山の守り主?

わたしは『ありがとうございます またお邪魔します♪~』

と答えましたが、山でこのような挨拶をされたのは初めてでした。


木々は木の葉を落とし、木肌のみの美しい姿♪~
画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年10月26日 22:15
MORINOBUNAさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
暖かな日だまりの中で、ゆっくりと山歩きを楽しむ予定でしたが、突然の寒波で、それどころではなく、緊張の連続になってしまいましたが、『山を侮るなかれ』と言う点では、良い経験を皆さんはされたものと思います。
2015年10月27日 16:24
丁度、2週間前に紅葉の三国山を歩きました。
晩秋の谷川岳の様子をと思ったら、びっくりしました。

軽アイゼンが入っていたら私なら絶対装着です。


2015年10月27日 19:31
izumiさん こんばんは
相変わらず山の稜線を、縫うが如しに歩き回られていらっしゃって、唯々感嘆しました♪~
そうですねizumiさんが行かれた時とは、気温も随分と低く、今回は他の高い山でも雪が降った所が沢山あったようですね。
一応アイゼンは持って行きましたが、雪道歩きに馴れたリッキーですので、そのままで歩いていましたが、軽装備で登って行く方々に、『それ以上登らない方が良い』と伝え、断念させて頂きました。
今回一緒に行かれた人たちで、トマの耳まで行ったのはリッキー一人だけで、天狗のトマリ場で下山して頂きました♪~
2015年10月27日 19:34
リッキーさん、今晩は!
いや~あっ、上信越国境はもう冬の様相ですね(@_@;)
氷点下で突風とあらば、無理は禁物ですね。
決死のトイレタイムに思わず噴出してしまいましたが、現実なんですよね(ー_ー)!!
集合写真の顔がほころんでいますね(^_-)-☆
センターがリッキーさんじゃないのかは?
2015年10月27日 19:37
ハンスさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
今回の寒波は、帰路の魚沼辺りを通過中は、八海山の後ろに見える山は、信じられない程に真っ白になっていました♪~
日一日と寒さが厳しくなって来そうで、温かな紅葉歩きは今年は難しいのかもしれませんね。
2015年10月27日 19:56
山ちゃんさん こんばんは
いつもコメント・気持ち玉をありがとうございます
写真を撮るのが好きな兄と私ですが、写り込むのが嫌いなリッキーは、いつもカメラマン役のみですが、今回は皆さんのカメラにドッサリと写り込んでいそうです。
センターは私を写そうとカメラを片手にした一歳違いの兄です♪~
今回も大いに甘えて、兄のご飯やおやつまで横取りして益々太って帰って来た悪者リッキーでした♪~
肩の小屋のトイレは、簡易トイレが外にロープでつないでありますが、そのトイレと共に空に飛ばされそうな強風でした♪~
2015年10月27日 20:07
”PeRo”さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
青空の下でゆっくりと稜線を眺めながら谷川岳を大いに楽しもうと思ったのですが、残念ながらそれは叶いませんでしたが、エビのシッポを見て来れただけで、良かったと思っています♪~
2015年10月27日 20:12
タコ正さん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
一応地面が凍結しているだろうと、アイゼンは持参したのですが、予想以上の寒さと霧氷の何もかも凍り付いたトマの耳でしたが、もう一度見たいと思っていた光景でしたから嬉しい出来事でした♪~
2015年10月28日 20:06
山じいさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
両神山の狩倉尾根、慣れた場所だからこそ辿れる山歩きですね♪~
折角自撮りをなさったんですから、もう3回りほど大きく写ったものを載せてほしかったですね・・・そう言えば前回は、カーブミラーに写ったお姿しか拝見していませんでしたね・・・彩を増した両神山の静かな谷稜は素晴らしいですね♪~
今回もまた、山じいさんが歩かれた谷川岳の、初冬を堪能して来ました♪~
チングルマ
2015年10月29日 22:39
魔の山・谷川岳、この空の色・・・。さすが、県境の山ですね。驚いたのはこんな状況の中でも写真を撮ったリッキーさんのことですよ。無事の下山何よりでした。
2015年10月30日 00:04
チングルマさん こんばんは
いつもコメント・気持ち玉をありがとうございます
わたしの知り合いは、この稜線上で落雷に会い、大変恐い思いをした話をしていましたが、中央分水嶺のため晴れていても突然と濃霧になり、雨雲が出来る可能性がありますので、注意して歩かなければなりません。
ロープウェーでドンドン観光客を運ぶ上げるので、軽装で登って来る人もいますので、余計なお節介のようでしたが、『この上は大変なので、登らない方が良い』と言ってしまいました。
2015年10月30日 00:15
BEKAZUさん いっしいさん 山じいさん アルクノさん
 こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
今回の寒波は、あちこちの高い山に雪を降らせたようですが、今週末以降は暫く温かい日が続くようですね。
出来る事なら、東北の山にも出かけたかったのですが、今年は残念ながら無理のようですので、温かな日だまり歩きの晩秋は、近くの山をのほほ~んと歩きたいですが、果たして天候はどうなるでしょうね。
かなこ&あきら
2015年11月04日 20:14
久しぶりに写真覗かせて貰いました😊群馬の山は、雪があるのですね💦足元気を付けてくださいね✨
2015年11月05日 20:47
かなこさん&あきらさん こんばんは
いつもコメント・気持ち玉をありがとうございます
お久しぶりです お元気なご様子でホッとしています♪~
群馬もそうですが、今年はすでに他の県でも高い山では雪が降ったようですので、気を付けて登るように心がけます♪~ ありがとうございます。