鉾立峰(新潟) 2015年9月21日

昨日の天気は曇りのち晴れの予報なので、奥胎内ヒュッテより林道を歩いて雨の降る中を足松尾根より杁差岳を目指して滝見場まで登りましたが、一向に晴れて来る気配がないので下山し、改めて本日また杁差岳を目指して登りました。

天候は晴れで気温は15℃と登山日和です。
そんなに心地良い気温なのに、ポタ・ポタ・と汗が額を伝わり、目に入り『イタッ・・・』

ようやく鉾立峰に到着しましたので、少し休憩しようとザックを下ろし足を曲げると、
『ウワッ・・・』今まで登山中に足が痙攣した事はなかったのに、
痛くてマッサージしようが、摩ろうが一向に治りません。



奥胎内ヒュッテ5:00-足ノ松登山口5:45-姫子ノ峰6:45-滝見場7:15-水場分岐7:45-大石山8:15-鉾立峰9:00~10:30-大石山11;00~11:30-水場分岐12:00-滝見場1300-姫子ノ峰13:30-足松登山口14:00-(乗合タクシー)-奥胎内ヒュッテ14:15

総行程時間: 9時間15分
天     気: 晴れ
気     温: 朝15℃ 昼18℃ 午後2時22℃



鉾立峰(1573m)
画像

画像


そこに女性が通過して、『これを飲むと直ぐ治りますよ』
『ありがとうございます』 丁重に礼を述べて、早速薬を服用すると、

5秒もしない内に治りましたので、再度礼を言うと、
そんなに早く効き目が出ないらしく
『気の持ちようかも・・・』と言われてしまいました(苦笑)
画像


鉾立峰よりアゴク峰~大樽山方面へ少し下ってみましたが、うっすらと踏み後はありますが、ほとんど使われていない山道のようです。

他の人のブログでは、この道は刈り払いされていないため廃道となり、地図上でも破線から突然破線も消えているような藪の道で、1m進むのにも相当苦労をして鉾立峰に立ったようです。

アゴク峰~大樽山方面
画像


今回の失態は、小まめに水分補給をしていたのですが、朝飯も食べていませんでしたので、ミネラル分が不足したのかもしれませんが、鉾立まで登ると30分も歩けば杁差小屋に到着するのですが、今日は鉾立峰から下山する事とします。

鉾立峰からは杁差に向けて、緩やかな道が続き、花の季節には一面の花畑となる場所です♪~

杁差岳方面
画像


また痛くなる前に下山したいものだと、気持ちでは急ぎ足で、でも急斜面で激痛が走ったらと、恐る恐るの一歩となりました。

この季節は花は咲き終えて、残り花があるのみの中で、頑張って咲いている花がありました♪~

別名イワヨモギ、インチンヨモギと呼ばれるキク科の植物です。

イワインチン(キク科)
画像

画像


大石山(1562m )
画像


大石山から頼母木山へ、その後ろに北股山や大日岳へと連なる縦走路
画像

画像

画像


花も咲き終えて、撮るものは景色のみですが、ゆっくりと高度を下げつつ、後ろを振り返ります。

西の峰(1525m)
画像


この辺りまでが、紅葉が盛りのようです♪~
画像

画像

画像

画像

画像


その下方では、まだ緑が美しい林でした。
画像


緑が美しいですが、一歩踏み外すと大変な事になりそうな場所も多いですから、ゆっくりと注意して下山です。
画像


鉾立峰方面
画像


滝見場は、鉾立峰の先のアゴク峰の谷辺りに見える滝です。
画像



画像


二王子岳方面
画像


左から二ツ峰、一の峰、滝沢峰、カモシカ岩、郷倉峰と続く稜線
画像


14時までにはまだ時間がある頃、足ノ松登山口到着、
続々と皆さんも下山して来て、無事乗合タクシーにて奥胎内ヒュッテに戻りました♪~
(朝のように林道歩きをしないで済んだだけで、幸せな気持ちになっていたリッキーでした♪~)

足ノ松登山口の林
画像


紅葉は山頂付近が見ごろを迎えていますが、それより下はまだ先になりそうです。

ミネザクラ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年09月23日 06:41
おはようございます。
 びっくり、リッキーさんでも足ツルのですね~!!!。
たぶん塩分、カルシュウム等のミネラル不足ででしょう。
・・・筋肉のけいれんに卓効のある漢方ですね「N68」/コウタローorツムラのくすりです。
 医者で処方してもらうとよいです。

この時期気温が15℃程度でもけっこう汗かきますね、身体は既に夏モードを秋モードに変えてる最中なのでしょう、気温に合わせて汗をかくのでは。
 丹沢でも気温17℃程度でもけっこう汗かきます、額からは汗がポタポタですよ。
16℃程度になると涼しさを感じますが、これも薄れてき、15℃程度が気持ちがよいですが、未だ滅多にありません。
タコ正
2015年09月23日 11:58
お疲れ様~
杁差岳が目の前にあって、残念でしたねぇ~
大石山までの長い登りに加えて鉾立峰への登りで、疲労が蓄積していたんですね、きっと。

飲み薬、TVで病院の先生が5分で効きはじめると言っていましたが、5秒は早く効き過ぎ。(笑)
でも、治って良かったですね。
私も薬、いつも携帯しています。
2015年09月23日 18:10
MORINOBUNAさん こんばんは
いつもコメント・気持ち玉をありがとうございます
そうですよね昨日の雨の中を歩いたので、少し風邪気味っぽかったようで、おにぎりを食べなければと思っても朝から水分しか喉を通さなかった事も原因の一つのようですね。
ツムラの漢方薬で『芍薬甘草湯』68と書かれておりましたので、仰る薬のようですね・・・これからは用心のために携帯薬としようと思いました。
丹沢の方がやはりまだ気温が高いようですね。
ここは花の山と知られているのですが、すでに花はなく紅葉も今一の状況でした。
2015年09月23日 18:24
タコ正さん こんばんは
いつもコメント・気持ち玉をありがとうございます
そうなのです杁差が目と鼻の先なのに・・・今思えば、そんな傍なのだからと、杁差方面に向かわないで下山して正解だったと、心に言い聞かせています。
TVでも薬の事は放映されていたのですね。
私的には、飲み込んだと同時に治ってしまいましたから、5秒と書きましたが、2秒と言う即効性でした♪~
下山時にまた足に痙攣が起きて、滑落などしなくて良かったと思っています・・・山で女神さまに出会えて良かったです(感謝)。
まだ薬局に行っていませんが、これからは必需品の一つに加えて置きたいものです。
2015年09月23日 18:41
くーさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
立山の雄山からの景色は超絶景ですね。
ここへはツアーで一回だけ行った事があるのですが、あの大混雑を考えたら尻込みをして、中々近づく事の出来ない絶景ポイントの一つでしたが、お蔭様で再感動させて頂きました♪~
2015年09月23日 19:13
なでしこさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
湿原の花々は、たくさん一面に咲くと素晴らしいですね♪~
ホザキノミミカキグサやシラタマホシクサは初めて拝見させて頂きました♪~
シラタマホシクサが群生すると、まるで夢の世界にいるようですね。
2015年09月23日 20:21
リッキーさん、今晩は!
いや~あっ、大変な事になりましたね(>_<)
山ちゃんが一昨年白山でリタイアした時とは症状が少し違いますが、気温や汗のかき方はそっくりのようです。親切な登山者の方に遭遇して感謝ですね。それにしても、5秒の即効で大事に至らなくてよかったですね。
芍薬葛根湯も効くそうですが、薬のお世話にはなりたくないですね。
2015年09月24日 00:47
山ちゃんさん こんばんは
いつもコメント・気持ち玉をありがとうございます
白山と言いますと、山ちゃんさんは5万歩弱を歩かれていらっしゃる中での気温の変化、常日頃拝見させて頂きながら花数の多さと共に、強靭な足腰の素晴らしさに驚かされています。
親切な方のお蔭で大事に至りませんでしたが、まさか私が・・・他の方が足がつっているのには、何回かお会いしていますが、山では命にも関わる事にもなりかねませんので、自分と共に他人のためにも携帯薬とさせて頂こうと思いました。
風邪薬の芍薬葛根湯も効くのですね。
携帯薬としてお守り代わりに、山に持って行っても、薬のお世話になりたくないものと強く思いました。
2015年10月22日 18:37
山じいさん こんばんは
いつも気持ち玉をありがとうございます
山で足がつるような事は今までなかったのですが、今回の出来事で、これが岩場だったらと思うとゾッとします。
お互いに注意して山を楽しみたいですね。