リッキー・・地球は友達

アクセスカウンタ

zoom RSS 角田山(新潟) 2017年1月28日

<<   作成日時 : 2017/01/29 19:51   >>

ナイス ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 0

最近は角田山ばかりになりますが、今回も角田山に行って来ました♪〜
角田山にはいろいろな登山口がありますが、その中でも静かな非公式コースのヨーロッパマツから登り、公式ルートの浦浜コースへと下って来ました♪〜
画像


ここの登山口は、浦浜海水浴場から直ぐの静かな集落の場所にあり、早春はカタクりやイチゲの花が目を楽しませてくれる場所です。

また夏場は、キツネノカミソリが斜面を飾り、夏が過ぎ行く季節を教えてくれ、秋の花たちが咲き始め、登山者の目も心も癒してくれます。
画像

画像


過去に、初めてヨーロッパマツのコースを探しながら、川沿いにある道を登って行くと、途中で道が判らなくなり、浦浜コースへ急斜面の藪を登り、帰りにようやく見つけたと言う苦い経験がある所です。

今回は雪道を下る時に、誰も歩いてないと、これまた道を見失い、斜面を下り降りなければならないだろうと、登る時にヨーロッパマツを通過する事にしました♪〜

ここには滝があるので、凍っている事を願っていたのですが、氷が出来ている事はありませんでした。
画像


尾根筋に登り上げると、雪が少しづつ増えて来ました。
画像

画像

画像




雪はだんだんと増え80cmほどの場所もあり、上が固まっているので、一歩雪の上に足を乗せる度に、ズボッ・・・いくつもの小ピークを越える、疲れる登りが続きます。

時々後ろを振り返り、海と佐渡を眺め、潮騒に後押ししてもらいながら、灯台との分岐に到着です。
画像

画像

画像


灯台からは3名ほどの足跡があるので、急激に楽な雪道となります。
画像


その先少しで、浦浜・五ケ峠との分岐になり、雪道はしっかりと踏み固められ、歩きやすい道が山頂まで続いていました♪〜
画像

画像

画像


空は相変わらず灰色の雲が覆っていますが、薄着で歩いていても、汗ばむほどの気温でした。

山頂避難小屋(積雪50cm)
画像


小屋の中は満員御礼状態なので、浦浜コースへと下ります♪〜
浦浜コースも3名ほどの人が、頂上に向かっているような踏跡があり、非常に歩きやすい雪道の下りとなりました♪〜

ヨーロッパマツの尾根方面
画像


浦浜コースは、まっすぐ海に向かって伸びる道をひたすら下ります♪〜
画像


雪の量が徐々に少なくなり、まもなく雪のない山道となります。
画像

画像


眼下に浜辺が見え、階段を下れば浦浜コースの登山口です。
画像

画像


車はヨーロッパマツの登山口に停めたので、神社を通過して、安全祈願をしながら戻ります。

低い山の角田山は、下るまで曇り空でしたが、無事に雪山を楽しむ事ができました♪〜
画像

画像


画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 72
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい
角田山(新潟) 2017年1月28日 リッキー・・地球は友達/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる